LPガス(プロパンガス)について

LPガス(プロパンガス)関連商品

◆主要取扱いメーカー◆

ノーリツ パロマ リンナイなど

お客様のご希望に合わせてご提案いたします!

 

LPガス(プロパンガス)と都市ガスとの違い

ご家庭のお客様の大部分は、LPガスか都市ガスを使用しております。何がどう違うのか、メリット・デメリットについて表にしてまとめました。参考になればと思います。

LPガス(プロパンガス) 都市ガス
主成分

プロパン・ブタン
常温でも比較的低い圧力で液化する為、
ボンベでの運搬がしやすい

日本全国どこでも成分がほぼ同じなのでガスコンロなどの器具は‟LPガス専用“と表示してあるものであればどこでも使用可能。

メタン
液化するために約-160℃まで冷やす必要がある為、ボンベでの運搬には適していない。

地域によってガスのグループが異なるため、引越し等で供給されるガスの種類が変わった場合は 使用する器具も買い替えや調整の必要がある。

標準発熱量 99メガジュール/㎥ 46 メガジュール/㎥
※言い換えると、LPガスは都市ガスの約2倍の発熱量(火力)があるということ。
(例:やかんのお湯を沸騰させるのに、都市ガスが10分かかるとすればLPガスは5分で済む。)
供給方法 LPガスを充てんしたガスボンベを業者がご自宅まで配送し、それを付け替えて備蓄し、供給される。 道路の下にガスが通る管があり、そこからガスメーターを経て家庭に供給される。
利用者はガスの供給会社を選ぶことが可能。 ご自宅の近くまで都市ガスの管が通っていることが前提条件となり、仮に通っていてもご自宅までの配管が無い場合は、ご自宅まで管を伸ばす工事を行う必要がある。
その他 二酸化炭素の排出量でいうと、LPガスも都市ガスも比較的少なく、エコ性能としては同等のクリーンエネルギーといえる。
災害時に強いのは、設置や復旧が早いLPガス。阪神大震災の時、電気や水道、電話、都市ガスをおさえて真っ先に復旧したのがLPガスだそう。

btn-back01

入居・退去時のLPガス(プロパンガス)のお手続きはこちら

ガス代のカードお支払いお手続きはこちら

採用情報

LPガス料金表

営業種目

  • LPガス(プロパンガス)の
    供給、配管設備
  • 給排水衛生設備工事
  • 空調、換気設備工事
  • 住宅リフォーム
  • 住宅設備機器の販売、設備
  • 家庭電化製品の販売
  • 消火設備工事(屋内、屋外消火栓、スプリンクラー設備)
  • 太陽光発電システム設置工事

対応エリア

熊本市中央区・熊本市東区・熊本市西区・熊本市南区・熊本市北区・大津町・菊陽町・合志市

リンク

熊本県エルピーガス協会

石油情報センター

LPガスの安全まとめ

お気軽にお電話下さい。TEL:096-343-2235