スタッフブログ

【テーマ:トイレ⑨】トイレの水が止まらなかったら・・

皆様こんにちは(^-^)

今日はジメジメ雨の日ですね。。

今週末が運動会だという小学校も多いみたいなので

是非晴れてほしかったですけどね…。(>_<)

 

さて、本日はトイレのトラブル時の対応についてご紹介したいと思います。

トイレのトラブルで一番お問い合わせが多いのは、

「トイレの水が止まらない!!」です。

その原因はケースによっていくつかありますが、

この2点が原因で起こることがほとんどです(^-^)ノ

①フロートバルブの劣化によるもの

②ボールタップの劣化によるもの

 

…といっても、まずこの二つがどこの部分なのか分かりませんよね^^;

そこで、ちょっとご説明したいと思います(^_-)

 

まずは、‟①フロートバルブの劣化によるもの” についてです(^-^)

無題1

フロートバルブとは・・・

フロートバルブの開閉により、タンク内の水を便器へ流したり止めたりします。

このバルブは、水を流す時のレバーに鎖でつながっていますので

レバーを操作したときにこのバルブが一緒に動くようになっています。

 

しかし、このバルブはゴムでできていますので

ずっと使用しているとどうしても劣化してきてしまい、

水が止まらなくなってしまうのです。(>_<)

 

 

次に、‟②ボールタップの劣化によるもの” についてです(^-^)

無題2

ボールタップとは・・・

浮玉とつながっており、浮玉が下がれば弁体が下がって給水、

上がれば弁体が上がって水を止める という仕組みになっています。

3

この場合も、この弁が劣化してきてしまい、

水が止まらなくなってしまうのです。(>_<)

 

このように、もしもトイレの水が止まらなくなってしまったときは

この二つのどちらかを交換すれば不具合は改善されることが多いです(*^-^*)

 

ただ、

とは言え、いざ水が止まらなくなるとすごく焦りますよね。。^^;

そういう時は、

1.まず落ち着きましょう(^-^)

 私もそういう時はとても慌ててしまいますので気持ちは分かります!笑

2.そして止水栓を閉めましょう

 ここを閉めてしまえば、とりあえずしばらくすると水は止まります!

 ちなみにここです↓

無題4

3.それから業者さんに連絡を入れましょう

 その際、便器の型番を確認しておくとスムーズかもしれませんね( ^^)

 

 

今回ご説明したのは、タンク有のトイレの場合です。

便器にも色々と種類がありますので、それぞれで対処の仕方が若干異なります。

水が止まらない!!となってからではなく、

あらかじめご自宅のトイレの止水栓の場所を確認しておくなど

事前に準備をしておくのも大事だと思います(^-^)♪

ご自身ではわからない(+_+)という方は、お気軽にご相談くださいねー☆

 

それではまたー。

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

 暮らしでお困りの際は、熊本市中央区のサンエスまで
   ぜひお気軽にご相談くださいませ♪(^^)

業務内容:LPガス・エアコン設置・住宅リフォーム・
      トイレ工事・お風呂工事・太陽光発電 など

問い合わせTEL:096-343-2235(営業時間8:30~18:30)

☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★-☆-★

 

 

 

入居・退去時のLPガス(プロパンガス)のお手続きはこちら

ガス代のカードお支払いお手続きはこちら

採用情報

LPガス料金表

営業種目

  • LPガス(プロパンガス)の
    供給、配管設備
  • 給排水衛生設備工事
  • 空調、換気設備工事
  • 住宅リフォーム
  • 住宅設備機器の販売、設備
  • 家庭電化製品の販売
  • 消火設備工事(屋内、屋外消火栓、スプリンクラー設備)
  • 太陽光発電システム設置工事

対応エリア

熊本市中央区・熊本市東区・熊本市西区・熊本市南区・熊本市北区・大津町・菊陽町・合志市

リンク

熊本県エルピーガス協会

石油情報センター

LPガスの安全まとめ

お気軽にお電話下さい。TEL:096-343-2235